常磐剣友会のブログへようこそ!

三重県四日市市で活動している剣道少年団です。

12月の合同稽古会

今日は12月の合同稽古会に参加しました。場所はいつもと同じ三滝武道館です。

今日から12月。17時半に体育館に到着したのですがお会いした先生方や他の道場の方々との挨拶は決まって「こんばんは~。寒いですね~」でした。

いつもご指導いただく駒田先生がお休みで、今日の稽古は早川先生(中学校の教師をなさっている早川先生です。)がご指導下さいました。

早川先生の拍子木を使った合図と絶妙な進行でこれまでの合同稽古会の雰囲気とはちょっと違い、子どもたちもとても楽しそうに、時に笑い声の起こる稽古が始まりました。見ている保護者も楽しかったです。

始めに低学年、高学年に分かれ、それぞれ横一列に並び、武道館の端から端まで竹刀を構えて細かく細かくすり足。数回繰り返した後、次は楽しそうにスキップしながら往復。そして、スキップしながら先生の拍子木の合図が聞こえたら踏み込み足!続いてすり足で進んで行って合図が聞こえたら「めーーーんっ」と打ちこむ。

201212011

こうして、武道館を何往復かする間に子どもたちもずいぶん体が温まったようです。

続いて、素振り。先生の拍子木の音に合わせて「面っ!」「面っ!」

201212012


「はい、面付け!」の号令で全員面付けに走る走る。

用意が出来た子どもが先生の方に駆け足で行くと出てきた子どもを「1番~、〇〇君~」「2番~、〇〇君~」「はい、次は〇〇さ~ん」「〇〇さ~ん」

名前を呼んで下さるのでいつもはのんびり面紐を結んでいる子どもたちも急ぐ急ぐ…。



用意が出来た子どもたちは高学年・低学年に分かれて整列。まず、切り返し、面打ち3本ずつ。そして、子どもたちで10分ほど地稽古。

201212013

続いて、先生方が面を付けて下さったので先生方に稽古を付けていただきました。

201212014


今日、早川先生から教えていただいたこと。

・どんなことでも1回で出来るようにする。2回目で出来たんじゃダメ。(1回目に声が小さい!と言われ、2回目で出来てもそれじゃあダメだよ、ということ。)

・「めーーんっ」よりも「めんっ!」の方が強そうに聞こえる。

・声の小さな選手で強い人は見たことがない。だから、大きな声を出そう!

・横一列に並びましょうと言われたら、真ん中の人は動かない、両端にいる人は一番端っこまで広がること。そして、後の人は上手に間隔を調整して整列しましょう。

・みんなが一列に並ぼうとしている時に途中に入り込もうとするのはルール違反。遅れてきた時は一番端っこに行くこと!

以上、管理人が一生懸命思い出して書きましたがもっとたくさんあったような気がします。ごめんなさい。

いつもと違う、あっという間の一時間でした。先生方、ありがとうございました。参加された子どもたちも保護者の方々もお疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokiwakenyuukai.blog.fc2.com/tb.php/23-cbb98d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad